市民演劇体験講座

一陣の風2020 休講のお知らせ

市民演劇体験講座 一陣の風2020 休講のお知らせ

 函館市内および近郊にお住まいの、演劇に興味のある方々を対象に開催しております『市民演劇体験講座 一陣の風』につきまして、指導陣で協議を重ねた結果、誠に残念ではございますが今年度は休講とする決断をいたしました。すでに参加ご応募くださっていた皆さま、修了公演を楽しみにしてくださっていた皆さまには大変申し訳ございません。

 私たち一陣の風指導陣は、「人と人との関わり、ふれ合い、言葉を交わしていく中で、参加者それぞれが見つけていく表現や伝え方こそが演劇のすべてである」と考えています。COVID-19の感染拡大を防止するためには必須であるとはいえ、「マスクをして距離をとり、密な状況を避けて」という環境の中で、私たちが考える演劇を指導し、体験していただくことは非常に難しいのです。
 さらに、皆さんが演劇に取り組んだ成果として修了公演を行い、実際に舞台に立つ体験をしていただく予定でしたが、劇場での公演は自粛すべきであるという現状を考慮するとそれも難しく、結果として、残念でなりませんが2020の一陣の風は休講という判断をいたしました。
 
 しかしながら、市民の皆さまに演劇を体験していただける場をゼロにしてしまっていいわけがない、という思いもあり、ひとつ新たな試みに挑戦することといたしました。それは、「感染拡大の危険性がなくなり、公演や集団活動などの自粛が必要なくなったとされた時点で、短期間開催で参加無料の演劇体験講座を行う」というものです。

 COVID-19が私たち人間に与えた影響はとてつもなく大きなもので、経済やライフスタイルを直撃して生活が崩壊してしまっている人もたくさんいます。同時に、文化のあり方も強烈なダメージを受けています。
 あらゆる人にとって楽しみであり、心の支えでもあったはずの文化芸術、コンサートやライブ、舞台やイベントなどすべてができなくなりました。たくさんの劇場やライブハウスが廃業・閉店に追い込まれ、そこで生きてきたアーティストやパフォーマー、スタッフの方々も仕事や居場所を失ってしまいました。
 そして、何よりも大きなダメージは、「文化活動や人が集まること、人が多数関わることは良くないことだ」という印象が根付いてしまうことです。テレワーク、リモート、配信、どれも便利で用は足りるかもしれませんが、それに慣れていくうちに、人として大切な何かを失ってしまうのではないかと、私たちは危惧しています。
 私たち一陣の風は、演劇を通じて人と人がふれ合い、心を通わせることを大切にしていて、そういった演劇活動を続けることは、このような状況だからこそ大きな意味があると信じています。賛否あるかとは思いますが、自粛が解け次第、短期間でどなたでも参加できる無料の演劇体験講座を行います。自粛で縮こまってしまったココロとカラダをぐーんと伸ばしたいという方、ご応募をお待ちしております!

一陣の風 主宰 館 宗武
     講師 庭田 育美